本財団の目的と事業

(目的)
「一般財団法人日本ウズベキスタン・シルクロード財団」は、文化、芸術、学術、教育、科学技術及び観光の振興並びに国際交流及び経済対話の促進に関する事業を行い、ウズベキスタン共和国及び日本その他諸外国における文化、芸術、学術、教育、科学技術及び観光の振興並びに国際交流及び経済対話を促進し、ウズベキスタン共和国と日本の協力関係の強化及び発展に寄与することを目的としています。

(事業)
本財団は、その目的を達成するため、次の事業を行います。
(1)文化、芸術、学術、教育、科学技術及び観光の振興に関する事業
(2)国際交流の促進及び経済対話の促進に関する事業
(3)その他この法人の目的を達成するために必要な事業

◆役員等  (各アイウエオ順・敬称略)2017年7月1日現在

名誉顧問

森 喜朗元首相、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会会長、
自民党ウズベキスタン議員連盟名誉顧問

評議員:10名

海老沢 勝二評議員長(会長)、元NHK会長
奥島 孝康評議員、早稲田大学名誉教授
玄葉 光一郎評議員、民進党ウズベキスタン議員連盟会長
佐治 信忠評議員、サントリーホールディングス株式会社代表取締役会長
關 昭太郎評議員、新潟県立大学理事
中山 恭子評議員、元駐ウズベキスタン共和国特命全権大使、参議院議員 
二階 俊博評議員、自民党幹事長
日枝 久評議員、株式会社フジ・メディア・ホールディングス取締役相談役 フジサンケイグループ代表
松浦 晃一郎評議員、前ユネスコ事務局長
渡部 恒三評議員、民進党ウズベキスタン議員連盟名誉顧問

役員:理事9名・監事2名

バヒリディノフ・マンスール代表理事(常勤)
荻野 隆義理事(非常勤)、国産自動車交通株式会社代表取締役社長
神山 欣也理事(非常勤)、海光電業株式会社代表取締役社長
関山 護理事(非常勤)、丸紅株式会社顧問、元日本ウズベキスタン経済委員会会長
田波 耕治理事(非常勤)、三菱東京UFJ 銀行顧問、元大蔵事務次官、元国際協力銀行総裁
松島 正之理事(非常勤)、インテグラル株式会社常勤顧問、元日本銀行理事
松本 謙一理事(非常勤)、サクラグローバルホールディング株式会社代表取締役会長
宮本 洋一理事(非常勤)、清水建設株式会社代表取締役会長
安富 正文理事(非常勤)、東京地下鉄株式会社代表取締役会長、元国土交通事務次官
林 和雄監事(非常勤)、税理士
本間 通義監事(非常勤)、弁護士

事務所所在地

〒108-6028
東京都港区港南2-15-1 品川インターシティA棟28階   電話:03-6717-2829   FAX:03-6717-2880